劇団展覧劇場

劇団展覧劇場は関西大学の千里山キャンパスを拠点に活動している演劇サークルです。

関西大学では展覧の他に、1部の 「学園座」 さんと旧2部の「学窓座」 さんが千里山キャンパスで、
そして「劇団万絵巻」 さんが高槻キャンパスで活動されています。

展覧劇場の最大の特徴は、オリジナル作品でお芝居をしていることです。

主な活動

展覧劇場は年に5回公演を打ちます。
次回公演の準備は1,2ヶ月程前から始め、役者のワークショップが始まり、
エチュ−ド(即興のお芝居)や肉トレ(柔軟体操中心)、発声などのトレーニングをします。
そして脚本家の作った台本で各パートの練習を始めます。
裏方(スタッフ)の人も各班に分かれて公演の準備にとりかかります。
(展覧の裏方には舞台、照明、音響、制作、小道具、衣装、宣伝美術があります)

公演日の直前になると、舞台監督指揮のもと、それぞれの班が最後の作業に入ります。
(例:舞台班は小屋(本番をする所)で舞台を完成させます)
そして緊張に包まれた中、ついに本番を迎えます。
それが終われば、お楽しみの打ち上げが待っています。

スタッフ

展覧の劇団員は基本的に、
大道具と、舞台作りを担当する舞台
照明効果全般を担当する照明
音響効果全般を担当する音響
ダイレクトメールやパンフ製作などを担当する制作
の四班のいずれかに所属することにより専門性を高めています。

また、基本となる四班の他に、
小道具の製作、管理を担当する小道具
役者の本番用衣装を担当する衣装
ビラや立て看板製作などを担当する宣伝美術
などの専門分野を担当するスタッフもいます。

その他のイベント

新入生歓迎ハイク

 新入生に展覧劇場に興味を持ってもらうための親睦会です。

打ち入り・打ち上げ
 稽古初日に開く親睦会(打ち入り)と、公演後のお楽しみ(打ち上げ)です。

夏合宿・冬合宿
 夏休みと冬休みに、お芝居の事をひと時忘れて遊び倒しに行きます。

その他にも卒業生を送り出す追いコン(追い出しコンパ)などがあります。

リクルート

お芝居に興味がある!役者をしてみたい! お芝居の脚本を書いてみたい!舞台の裏方を究めてみたい!
よくわからんけどとにかく目立ちたい!そんなあなたを展覧劇場はいつでもお待ちしています。
お芝居だけではなく、打ち上げや合宿などの楽しいイベント盛りだくさん。
ちょっとでも興味をもたれた方は、ぜひ一度展覧劇場へ足を運んでみてください。
個性豊かな劇団員たちがいつでもお待ちしています。
ご質問がございましたらtenranweb@hotmail.comまでメールを。
活動場所など、詳しい情報をお知らせいたします。
(BOX→旧誠之館4階19会議室


トップに戻る